不用品回収業者を利用するときに注意すること

>

家電リサイクル法の品目

不用品回収業者のトラブルを防ぐためには、自分でもある程度の知識を持っておくことが必要です。
例えば、「家電リサイクル法」の4品目については特に注意が必要です。
家電リサイクル法による4品目を回収するには特別な許可が必要ですので、これらの品目があることは、事前に業者に伝えておかなければ、トラブルのもとになります。
4品目とは、「洗濯機・乾燥機」「テレビ」「エアコン」「冷蔵庫・冷凍庫」です。
これらの品目は、販売業者が引き取って、製造業者がリサイクルすることが「家電リサイクル法」により義務付けられているのです。
そのため、消費者が廃棄するには、収集運搬とリサイクルにかかるお金を負担する、ということになっています。

料金体系を知る

不用品回収業者の料金体制は大きく2パターンあります。
少なくともそれぞれのパターンの業者に見積もりを出してみて、しっかりした見積もりを出してくれるところに依頼するとよいでしょう。
料金体系のパターンは以下の2つです。
・基本料金+回収する品目ごとに決まっている料金を請求する
・トラック1台に入る分だけ定額料金を請求する
トラックは、軽トラと2トン車が一般的です。
2トン車は維持費や人件費がかかるので、高くなりがちです。
積載量は2倍程度ですが、料金はそれ以上にかかりますので、大した量でもないのに2トン車を出そうとする業者は避けましょう。
時間がかかってもよいのなら、軽トラを2往復してもらう方が安く済む場合があります。


家電リサイクル法の品目

この記事をシェアする